開発 開発ツール Windows OS OS・ミドルウェア

「Raspberry Pi」搭載シンクライアントで「Windows 10」--「RX300」の使用感

「Raspberry Pi」は、デスクトップ版の「Windows 10」を走らせることはできないかもしれないが、仮想デスクトップとしてのWindowsを動かすことは可能だ。ここでは、Raspberry Piベースのシンクライアント「RX300」を使った感想を紹介する。

 クレジットカードサイズのボードで構成されたコンピュータ「Raspberry Pi」は、35ドルという価格から、その真の万能性が正しく伝わっていない。

 ベストセラーになったRaspberry Piの新しい用途の1つに、もしかすると最もありそうにないと思われるかもしれないが、ビジネス用途のフルバージョンのWindowsデスクトップというのがある。

 Raspberry Piは、デスクトップ版の「Windows 10」を走らせることはできないかもしれないが、仮想デスクトップとしてのWindowsを動かすことは、十二分に可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2040文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan