勤怠管理・労務管理 NEC

働き方見える化サービス:テレワークも含めて勤務状況のデータを自動で収集

「働き方見える化サービス」は、テレワークも含めた勤務状況のデータを自動で収集、可視化する。PCに加えてスマートフォンからも勤務を申請、業務報告が可能。顔認証ソフトで本人を確認、なりすましを防止する。

働き方見える化サービスのポイント

  • テレワークも含めた勤務状況のデータを自動で収集、可視化
  • スマートフォンからも勤務を申請、業務を報告可能
  • 顔認証ソフトで本人を確認、なりすましを防止

働き方見える化サービスの製品解説

 NECの「働き方見える化サービス」は、働き改革を推進するためのクラウドサービスだ。テレワークも含めた勤務状況のデータ収集や可視化を支援する。テレワークではPCだけでなくスマートフォン経由での勤務申請や管理者承認、業務報告などができる。勤務実態の報告として、開始、休憩、再開、終了の4つのアクションから選択できる。

編集部おすすめの関連記事

 顔認証ソフト「NeoFace Monitor」との連携で、Windowsログオン時に本人確認ができるようになるため、なりすまし防止も可能。さらに「Skype for Business」と連携することで、従業員の在席情報やPCの利用状況のデータを自動収集し、可視化することができる。

 クラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」で提供され、利用者を一括登録することも可能。初期費用は無料、月額利用料は月額500円から1ユーザー単位で利用できるため、スモールスタートも可能となっている。

働き方見える化サービスのまとめ
用途と機能働き方改革を推進し、テレワーク対応のための機能を提供するクラウドサービス
特徴テレワーク、オフィスでの勤務状況のデータ収集や可視化を支援。スマートフォン経由での勤務申請や管理者承認、業務報告にも対応する。顔認証ソフトでの本人認証でなりすましを防止する
税別料金初期費用は無料、利用料が1人あたり月額500円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan