セキュリティ IDC Japan

挙動分析や稼働監視が重要に--“シャドーIT”で高まるセキュリティリスク

モバイルデバイスは競争力強化につながるが、シャドーITの温床にもなりかねない。安全にモバイルデバイスを活用するには、アイデンティティ/アクセス管理などの需要が拡大するという。IDC Japanが見通した。

 企業が許可していないモバイルデバイスやクラウドサービスなど、“シャドーIT”の利用によって、マルウェア感染や情報漏えいのリスクが高まっている。こうした脅威を防ぐためには、情報資産へのアクセスコントロールやユーザーの挙動分析、アプリケーションの稼働監視などがますます重要となる。IDC Japanが9月5日に発表した国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測で指摘している。

 一方で、モバイルデバイスの活用は、リアルタイム性や事業継続性の向上、コスト低減、グローバル化など、企業競争力の強化につながる。モバイルデバイスを十分に活用するには、利便性が高くモバイルデバイスに最適化されたモバイルアプリケーションが不可欠となる。

 モバイルデバイスは、グループウェアなどの情報系システムから基幹系システムでの活用へと拡大し、モバイルアプリケーションへのアクセス管理やアプリケーション間のシングルサインオン(SSO)連携、生体認証やリスクベース認証などを組み合わせた多要素認証といったアイデンティティ/アクセス管理とモバイルアプリケーションの脆弱性管理への需要が拡大する見込みだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約552文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan