ネットワーク 日本レジストリサービス

汎用JPドメイン名の累計登録数が100万件を突破--属性型との使い分け進む

汎用JPドメイン名(.jp)の累計登録数が2001年の登録開始から16年間で100万件を突破した。JPドメイン名全体では148万件超となる。汎用JPドメイン名の導入経緯と利用状況を振り返る。

 日本レジストリサービス(JPRS)は9月4日、汎用JPドメイン名(.jp)の累計登録数が2001年の登録開始から16年間で100万件を突破したと発表した。属性型ドメイン名(co.jpなど)をはじめとする、JPドメイン名全体では148万件超となる。それにあわせ、汎用JPドメイン名の導入経緯を振り返るとともに、現在の利用状況を明らかにしている。

 汎用JPドメイン名が導入される前、JPドメイン名は、組織種別に応じた「属性型JPドメイン名」を基本としていた。企業(co.jp)や大学(ac.jp)など、組織の種別ごとに区別されたドメイン名だ。1つの組織に1つのドメイン名しか登録できなかった。

 ドメイン名を登録するためには、書面による申し込みや公的文書による法人格審査といった複雑な手続きも必要だった。厳格なルールによって、不正利用などの悪意ある登録を抑制できた反面、限られた目的での利用にとどまっていた。

 こうした状況は、1990年代後半から2000年代初頭に掛けて、インターネットの急速な普及によって大きく変化する。学術や研究の分野だけでなく、個人や企業でのインターネット利用が増加したことで、多くのウェブサイトが立ち上げられ、ドメイン名の需要も急増した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1483文字 ログインして続きを読んでください。

「ネットワーク」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]