AI・機械学習

ツイートの感情を読み取って色を変える「コグニティブドレス」の可能性

若い女性に人気があるファッションショー「東京ガールズコレクション」が開催された。今回は、ツイートの感情を「Watson」で分析して、色が変わる「コグニティブドレス」がランウェイを歩いた。

 9月2日、さいたまスーパーアリーナで「マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション2017 AUTUMN/WINTER」が開催された。東京ガールズコレクションは「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年から年2回開催されているイベントで、芸能人やモデルによるファッションショーや音楽ライブ、企業による販促ブースなどが楽しめる。若い女性を中心に人気が高く、当日は延べ約3万4600人の来場者数(公式発表)があった。

マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション2017 AUTUMN/WINTER
マイナビ presents 第25回 東京ガールズコレクション2017 AUTUMN/WINTER(提供:マイナビ presents TGC 2017 A/W)

 「BEYOND(その向こうへ)」をテーマにした今回は、人工知能(AI)を最先端テクノロジと位置付け、AIとファッション、ソーシャルを掛け合わせた企画を実施した。

 そのひとつが、AI「IBM Watson」の「コグニティブ(cognitive=認知)」テクノロジを利用した「コグニティブドレス」によるランウェイだ。コグニティブドレスは“感情を認識するドレス”で、文脈から内容を分析し、識別した感情にあわせてLEDの色を変化させる。

 今回は専用のハッシュタグが付いたTwitterの投稿をWatsonのAPI「Tone Analzyer」で解析。文章に込められた感情にあわせて「喜び」をピンク、「感動」を赤、「良心的」を黄、「快い」を青、外向性を「緑」の5色で表現した。

編集部おすすめの関連記事

 コグニティブドレスの登場にあわせて生中継しているライブ放送サービス「LINE LIVE」と会場にハッシュタグ付き投稿が呼びかけられた。まもなく2人のモデルがコグニティブドレスを着用してランウェイを歩く。ライティングに照らされたステージ上でもはっきりと色の変化を確認でき、白を基調としたドレスが美しく輝いた。

残り本文:約2271文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ医療機関は簡単にはIT変革を実現できないのか?“ならでは”の課題と解決策を探る
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. レガシーアプリが貴社のイノベーションの妨げになっていませんか?抜本的なIT投資の見直し
  4. IoT/AI時代に求められるアナリティクス基盤“3つの着眼点”
  5. すぐに分析に利用できるデータは3割以下!?AIを活用した分析に向けデータ準備はどうあるべきか

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]