セキュリティ クラウドサービス 日本マイクロソフト Microsoft

クラウドへの攻撃が前年比300%増--マイクロソフトのセキュリティレポート

マイクロソフトが、同社の提供するクラウドサービスに対する悪意のある攻撃が300%増加したとのレポートを発行、企業への対策を促している。

 Microsoftは、「Windows 10」や「Office 365」、「Azure」といったエンタープライズソフトウェアのインストールベースが大きなことから、サイバーセキュリティのトレンドに関する独自の知見を持っている。この幅広い領域の情報から、同社はセキュリティ脅威の現状を評価して新たなトレンドを特定し、「Microsoft Security Intelligence Report」というセキュリティに関するレポートを発行するに至っている。

 2017年8月、そのMicrosoft Security Intelligence Report第22巻が発行された。レポート内には、企業がうんざりするようなトレンドが明らかにされている。それは、利用しているOSやクラウドサービスに関係なく、どんな企業でも真剣にとらえるべき内容だ。第22巻にて調査対象となったのは2017年第1四半期のみとなっているが、同レポートでは特にクラウドサービスへの攻撃が急速に増加していることを示している。

 Microsoftは、インテリジェントなクラウドサービスによる利点を顧客に説いているかもしれないが、こうしたクラウドサービスにセキュリティ脆弱性が潜んでいると目を付ける犯罪者も増加の一途をたどっているのである。

Microsoft Security Intelligence Reportの内容

 エンタープライズシステムが続々とクラウドに移行する中、クラウドサービスに対する悪意のある攻撃も同様に増加している。Microsoftのレポートによると、同社のクラウドユーザーのアカウントに対する攻撃は前年比300%も増加しているという。クラウドサービスへの攻撃がどこから来ているのか世界中どこでも追跡可能だが、Azureに限って見てみると、約35%の攻撃は中国からのもので、約32%は米国からのものだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1232文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]