運用管理 SIEM ゾーホージャパン

ManageEngine EventLog Analyzer:簡易SIEMとしても利用可能なログ管理ツール

統合ログ管理ソフトウェアの「ManageEngine EventLog Analyzer」は、ログデータを収集解析し、各種レポートを生成して内部統制対応を支援する。簡易的なSIEMとしても利用できる。

ManageEngine EventLog Analyzerのポイント

  • WindowsのイベントログやLinux/UNIXなどのSyslogなどを一元的に保存
  • 収集したログは自動的に圧縮して保存、暗号化にも対応
  • イベントごとのユーザーやホストなどの各種レポートも生成

ManageEngine EventLog Analyzerの製品解説

 ゾーホージャパンの「ManageEngine EventLog Analyzer」は、低コストで利用できる統合ログ管理ソフトウェアだ。簡易的なセキュリティ情報イベント管理(SIEM)としても利用できるとしている。使いやすくシンプルな構造で、各種データを一元的に長期保存することができる。

編集部おすすめの関連記事

 ネットワーク内のWindowsホストから出力されるイベントログや、Linux/UNIXホスト、ルータ、スイッチなどが出力するSyslogをはじめ、任意のテキスト形式ログデータを一元的に保存。ログの検索では複数のログタイプを選択し、特定のキーワードで同時検索を掛けることでログの詳細を相関的に見ることもできる。

 収集したログは自動で圧縮してアーカイブし、暗号化も可能。ログのインポートや設定した条件に基づく特定のログを受信するとアラートの内容をメールで通知する機能も備えている。また、イベントごとにユーザーやホストをリスト表示するログレポートやトレンドレポート、内部統制対応を支援するコンプライアンスレポートなどの各種レポートも生成できる。

 高度なサービスレベルの実現よりも一般企業に求められる可用性のレベルを満たすことにフォーカスしており、コストパフォーマンスの高さが特徴。ログ管理のニーズにあわせて適切に選べる複数のプランや評価版を用意している。

ManageEngine EventLog Analyzerのまとめ
用途と機能簡易SIEMとしても活用できる統合ログ管理ソフトウェア
特徴イベントログやSyslogなどを対象とし、ログの一元管理や相関分析が可能。アラート機能も搭載し、各種レポートや内部統制対応に利用できるコンプライアンスレポートも生成できる
税別価格年間ライセンスが19万9000円から
導入企業埼玉県ふじみ野市、ジィ・シィ企画、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ベネフィット・ワン、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]