暗号化

セキュリティフォルダ7:ランサムウェア感染時のデータ抽出も可能な暗号化ツール

「セキュリティフォルダ7」は、専用のフォルダに保存するとファイルを自動で暗号化する。ファイルを開くと自動的に複合化する。ランサムウェアに感染した場合にフォルダ内のデータを抽出する機能も搭載している。

セキュリティフォルダ7のポイント

  • セキュリティフォルダに保存すると、ファイルが自動で暗号化
  • ファイルやフォルダの単位でデータを完全消去する機能も搭載
  • ランサムウェアに感染した場合にフォルダ内のデータを抽出可能

セキュリティフォルダ7の製品解説

 オリエントコンピュータの「セキュリティフォルダ7」は、ランサムウェアなどのマルウェアからデータを守り、改ざんや漏えいを防止するファイル暗号化ツールだ。Windowsを対象とし、大がかりなバックアップシステムを構築せずに低コストで重要データを守ることができる。

編集部おすすめの関連記事

 セキュリティフォルダ内にデータを保存すると、ファイルを自動で暗号化する。ユーザー側が復号処理を気にすることなくファイルを開けるだけでなく、閉じれば再び自動で暗号化される仕組みとなっている。フォルダ内であれば移動しても暗号化されたままで、専用ソフトを使えば、他のPCでも復号できるようになる。

 ファイルやフォルダの単位でデータを完全消去する「Black Hole X」機能を搭載し、PCやごみ箱からの情報漏えいを防止する。HDDやSSD内のデータをOSごと完全消去できる「ePEE」機能や、ランサムウェアに感染した場合にフォルダ内のデータを抽出する「レスキューUSB」機能を備えている。

 フォルダ内部のデータをオンプレミスやクラウド、USBメモリ、外付けのHDDやSSDに自動でバックアップしたり、フォルダ内のデータ容量を拡張したりすることも可能。個人利用から大企業までの規模に対応する。ウイルス対策ソフトウェアとの併用を前提にしている。

セキュリティフォルダ7のまとめ
用途と機能ランサムウェアなどのマルウェアからデータを守り、改ざんや漏えいを防止
特徴Windowsを対象とし、低コストで重要データを保護できる。セキュリティフォルダ内のデータを自動で暗号化。データを完全消去する「Black Hole X」やランサムウェア感染時にデータを抽出できる「レスキューUSB」、データの自動バックアップシステムも利用できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  2. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 講演関連資料:クラウド型コンタクトセンター導入の3つのポイント

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]