SNS

SNS担当者の作業負荷を軽減--投稿ネタに困ったときに役立つツールも提供

ソーシャルメディア運営支援ツールの「comnico Marketing Suite」は、FacebookやTwitter、Instagramの投稿管理や効果測定に掛かる作業時間を軽減する。「この日何の日カレンダー」などの投稿に役立つコンテンツも提供する。

 企業のソーシャルメディア担当者の多くは、数値の集計や複数アカウントへの投稿、投稿内容の確認、レポート作成、競合の動向確認、投稿ネタの準備など、非常に多くの作業を抱え、時間に追われている。

 また、FacebookやTwitterには日々さまざまな情報が止めどなく流れてくるし、仕事中にSNSの画面を開いているとサボっているのではないかと誤解される場合もある。複数のアカウントを管理するとなると、サービスの切り替えや操作画面の違いから作業はますます煩雑になっていく。

 このような課題を解決するための方法の一つとして、専用ツールの導入がある。運用ツールの活用で煩雑な作業を減らせれば、投稿コンテンツを企画するためにより多くの時間を割けるようになる。

comnico Marketing Suiteのポイント

  • FacebookやTwitter、Instagramの投稿を管理、承認フローも設定可能
  • 自社アカウントの効果を測定、競合アカウントの反応状況も確認
  • 「この日何の日カレンダー」などの投稿に役立つコンテンツを提供

comnico Marketing Suiteの製品解説

 コムニコの「comnico Marketing Suite」は、FacebookやTwitter、Instagramの投稿管理や効果測定に掛かる作業時間を軽減するソーシャルメディア運営支援ツールだ。日々の投稿を効率化したり、複数ブラントのアカウントを一元管理したり、月次レポートの作成時間を短縮したりできる。

編集部おすすめの関連記事

 主な機能は、「投稿」「分析」「モニタリング」「ライブラリ」の4つだ。最大3段階まで投稿の承認フローを設定できる権限管理機能も備えている。誤字脱字やリンクの張り間違いなどの校正チェックに役立てられる。

 投稿機能はサービスのキモとなる部分だ。自社アカウントへの同時投稿とプレビュー確認ができるほか、投稿予約や下書き保存、承認依頼といった操作も可能だ。投稿スケジュールはカレンダーで一覧表示させられる。

 承認処理の中で作業メモを作成したり、作業履歴を確認したりできる。次の処理者への申し送りや連絡事項がある場合や、今後の活動に生かしていくための振り返りなどに活用できる。

 複数の画像を1枚の画像に合成するコラージュ機能も備えている。また、著作権フリーのストックフォトを毎月10枚まで利用可能となっている。切り抜きやリサイズ、フィルタリング、明度鮮度、テキスト挿入などの画像編集も可能だ。画像のアップロードのほか、動画投稿にも対応する。

comnico Marketing Suite

 分析機能は、自社アカウントの過去12カ月分の推移をグラフで表示できる。投稿分析、ファン分析、コンテンツ分析、リーチ分析の閲覧、Excel形式の月次レポートのダウンロードが可能だ。

 他社アカウントとのファン推移や期間中の投稿内容と反応状況を、30アカウントまで確認することも可能だ。各種データはCSV形式でダウンロードでき、データの分析や資料の作成に使える。

 モニタリング機能は、自社アカウントへのコメントやメッセージをチェックできる。ユーザーごとのコメントやメッセージを確認し、それに対して返信や“いいね!”などで対応することが可能だ。キーワード設定によるフィルタリング通知にも対応し、特定のワードを含むコメントやメッセージが検出される。

 ライブラリ機能は、毎日の記念日や歴史などを一覧した「この日何の日カレンダー」や、ソーシャルメディアの運用ノウハウなどを解説したeBookを配布している。カレンダーは、投稿内容のネタが見つからなくて困ったときなどの取っかかりとして役に立つだろう。

 なお、FacebookやTwitterの広告管理には対応していない。Instagramは分析機能とモニタリング機能のみの対応となる。

comnico Marketing Suiteのまとめ
用途と機能FacebookやTwitter、Instagramの運用負荷を軽減
特徴主な機能は、「投稿」「分析」「モニタリング」「ライブラリ」の4つ。権限管理機能も備える。最大3段階まで投稿の承認フローを設定できる。著作権フリーのストックフォトを毎月10枚まで利用可能。他社アカウントとのファン推移や期間中の投稿内容と反応状況を確認できる。「この日何の日カレンダー」などの投稿に役立つコンテンツも提供
導入企業日本ケンタッキー・フライド・チキン、コメ兵、スマート・ツー、など
税別価格導入初期費用:10万円、基本料金:1契約3アカウントまでで月額5万円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan