運用管理 ユーザックシステム

Autoブラウザ名人:ウェブ作業を自動化できるRPAツール--スクリプトも編集

RPAツールの「Autoブラウザ名人」は、ウェブで実行するさまざまな作業を自動化する。担当者による操作を記録して再生したり、記録されたスクリプトに詳細な条件を追加したりすることも可能だ。

Autoブラウザ名人のポイント

  • ブラウザの起動や取引先サイトへのアクセスなどの操作を自動化
  • 操作を記録してスクリプトを作成でき、詳細な編集が可能
  • 実行結果のメール通知、スケジュール設定、ログ出力などの機能を搭載

Autoブラウザ名人の製品解説

 ユーザックシステムの「Autoブラウザ名人」は、ウェブ画面上で実行するさまざまな作業を自動化するロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールだ。ウェブブラウザの起動や取引先サイトへのアクセス、ログオン、ログオフなど、ウェブ上での操作を自動で実行できるため、インターネットを介した取引先とのデータ交換を効率化することができる。Internet Explorerに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブ上で行う操作は、ほぼ全て自動化が可能だ。ウェブサイトの表示をはじめ、ログイン情報の入力、ボタンや画像のクリック、ラジオボタン、プルダウンメニュー、チェックボックスの選択、ファイルのダウンロード、アップロード、外部プログラムの起動などに対応する。

 データ変換ツールやメーラー、表計算ソフトなどの外部プログラムとも連携でき、表示画面やPDFファイルの印刷といった手順を組み込むことも可能だ。例えば、取引先のサイトからCSVファイルの受注データをダウンロードして基幹システムのファイル形式に変換する、注文書や契約書をダウンロードして印刷する、基幹システムやPCのデータを参照して在庫数や請求金額を入力する、といった一連の作業を自動化できる。

 自動化スクリプトの開発を支援する機能も備えている。担当者による操作を記録して再生したり、記録されたスクリプトに詳細な条件を追加したりすることも可能だ。ウェブページを構造的に表示するHTMLドキュメントビューアも備える。

 自動実行した結果を、画面キャプチャしてメール添付で管理者に通知する機能のほか、スクリプト単位でスケジュールを設定する機能や、全ての処理の実行ログを出力する機能なども搭載する。

Autoブラウザ名人のまとめ
用途と機能ウェブ画面上で実行する作業を自動化するRPAツール
特徴取引先のサイトからCSVファイルの受注データをダウンロードして基幹システムのファイル形式に変換する、注文書や契約書をダウンロードして印刷する、基幹システムやPCのデータを参照して在庫数や請求金額を入力する、といった一連の作業を自動化できる
税別価格実行版:1年の期間ライセンスで3万9000円、保守費用が月額4000円。開発版が1年の期間ライセンスで16万円、保守費用が月額1万円
導入企業日本製粉、ツインバード工業、片山工業、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan