SFA CRM

機械が商談の成否を判断--IoT連携とAI搭載で変わるCRM/SFAの可能性

モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)といった先端技術が注目を集める中、SFA(営業支援)/CRM(顧客関係管理)システムは今後、どのように変化していくのだろうか。最新動向を解説する。

 Excelなどをはじめとする手作業での顧客管理と比べ、SFA(営業支援)/CRM(顧客関係管理)システムは、さまざまな顧客接点(チャネル)から収集した情報を一元管理でき、それをいろいろな角度から分析できる。こうした仕組みや機能を利用することで、担当者個人の勘と経験に頼った属人的な営業や販売活動から脱却し、組織全体の最適化が可能になる。

 複数のチャネルから収集した顧客情報を統合して営業販売に活用する「オムニチャネル」戦略は、チャネルが増加して収集できる情報が増えるにつれて、企業にとっての有用性が高まっていく。さまざまな局面における顧客の購買活動をチャネルを横断して把握することで、顧客のニーズをより的確に把握できるようになり、きめ細やかな顧客体験を生み出せるようになるからだ。

IoTでリアルタイムに取得した情報を活用

 今後、SFA/CRMシステムのオムニチャネル化が進むに当たって、新たなチャネルとして有望視されているのがモノのインターネット(IoT)である。あらゆるモノがインターネットにつながり、情報をリアルタイムに取得することが可能になる。その情報に基づいて、顧客のニーズに合ったサービスをタイムリーに提供できるようになる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約880文字 ログインして続きを読んでください。

「SFA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
CMS
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]