セキュリティ

企業へのスパム送信が多いのは火曜日--最新調査で知る攻撃パターン

2017年版「IBM X-Force Threat Intelligence Index」によると、スパムは依然として企業を悩ませ続けており、この1年間だけで、その量は400%増加したという。

 2017年版「IBM X-Force Threat Intelligence Index」によると、スパムは依然として企業を悩ませ続けており、この1年間だけで、その量は400%増加したという。さらに、全スパムメッセージの44%近くに悪意ある添付ファイルが含まれているという。

 悪意あるスパムの添付ファイルの85%にランサムウェアが含まれることを考えると、スパム電子メールが最近のランサムウェア増加の要因になっている可能性もある、とIBMは述べている。

 米国時間8月21日に発表された同報告書で、IBMの研究チームは6カ月分のデータを詳細に調べて、スパマーが攻撃を計画する時間帯と場所、方法を特定した。本調査結果の要点は以下の通りだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1261文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan