データセンター IDC Japan

外部DCサービスの利用は大企業が中心--オンプレミスとの組み合せを模索

大企業における外部DCサービスのシェア拡大が市場の成長を加速させる一方、大企業を中心に外部DCとオンプレミスの組み合わせを模索する動きがある。

 国内の企業と団体を対象にした最新調査によると、大企業における外部データセンター(DC)サービスのシェア拡大が市場の成長を加速させる一方、大企業を中心に外部DCとオンプレミスの組み合わせを模索する動きがあるという。利用中のクラウドサービスの構成比は、従業員規模が大きくなるほど均等化する傾向にあることも分かった。

 IDC Japanが8月24日に発表した「2017年 国内データセンターサービス ユーザー調査」は、国内企業および団体の外部DCサービス利用者を対象にアンケートを実施し、利用中のサービスや将来の予定などに関する回答をまとめ、分析したもの。

 調査によると、外部DCサービスの利用は大企業が中心で、中小企業への普及は進んでいないこと分かったという。ただし、外部DCサービスを全く利用していないという大企業の回答は少ないものの、社内におけるシェア拡大の余地はまだ残っており、案件の規模も大きくなる傾向があることから、これが市場にプラスの影響を与え、成長の加速を見込んでいるとした。

残り本文:約689文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan