SFA CRM

なぜCRM/SFAが必要なのか--適切な情報を適切なタイミングで提供する意味

「モノが売れない時代」と言われる中、営業や販売の担当者の活動を支援するSFA(営業支援)/CRM(顧客関係管理)システムがますます重要性を増している。基本的な知識とメリットを解説する。

 企業の最終的な目標は、売り上げを立てることである。どんなに素晴らしいサービスや製品を開発しても、売れなかったら企業経営は行き詰まってしまう。しかし、このところ、購入活動の変化や景気低迷の影響を受けて「モノが売れない時代」が長く続いている。そこで注目されているのが、売り上げを立てる最前線である営業や販売の担当者の活動を支援するSFA(営業支援)/CRM(顧客関係管理)システムである。

 これまでの大量生産、大量消費の時代には、企業は開発した製品やサービスを市場にどんどん投入して販促活動をすれば、それなりの売り上げを上げられた。しかし、そうしたやり方は、現在ではもはや通用しにくくなっている。顧客の一人ひとりに合わせて、必要とされる情報を、適切なタイミングで提供することで需要を喚起する必要がある。SFA/CRMシステムはそれを可能にする。

全てのチャネルで一貫した対応

 それぞれの顧客に合わせて製品やサービスの販売活動を展開するには、顧客に関する情報を収集して、管理しておく必要がある。優秀な営業担当者は、顧客がこれまでに、どんな商品を、いつ、どれだけ買ったかといった情報を把握しておくことで、顧客のニーズを先読みし、タイミングよく適切な提案をすることで売り上げにつなげている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1148文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  4. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  5. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]