マーケティング

Gyro-n SEO:順位確認や問題点の分析、結果検証などが可能なSEO対策ツール

検索エンジン最適化(SEO)対策ツールの「Gyro-n SEO」は、検索エンジンの順位確認や問題点の分析、施策立案、結果検証に対応する。検索の順位変動や競合との比較、コンテンツの分析や最適化が可能だ。

Gyro-n SEOのポイント

  • 検索順位を毎日自動で計測、下落注意ワードなどを把握
  • キーワードごとに検索結果や競合他社での表示を確認可能
  • メタ情報やURL正規化などの内部対策状況を分析

Gyro-n SEOの製品解説

 ユニヴァ・ペイキャストの「Gyro-n SEO」は、検索エンジンの順位確認や問題点の分析、施策立案、結果検証といった一連の管理機能を備えた検索エンジン最適化(SEO)対策ツールだ。アカウント登録するだけで無料で利用可能。管理サイトやキーワード、競合サイトの利用数を増加する場合は数量に合わせてオプション料金が発生する。

編集部おすすめの関連記事

 GoogleやYahoo!の検索順位を毎日自動で計測し、前日比の変動をはじめ、直近の動きやトレンドをグラフで表示。個別に下落注意のワードや上昇ワードなどを把握でき、対策すべきキーワードを判断できる。また、有料オプションとして地域に影響されやすいキーワードでのローカル検索も提供する。

 キーワードごとに検索結果や競合他社での表示を確認できるプレビュー機能を搭載し、過去の検索結果も記録する。どのタイミングで新しいサイトがランクインしてきたかなど、検索結果の変化も読み取れる仕組みになっている。自社サイトとベンチマークしている競合サイトとの順位比較も可能で、どんなキーワードの検索順位が競合他社に負けているのかを把握できる。

 ページタイトルやディスクリプションなどのメタ情報、URL正規化、ファイルサイズなど、ウェブサイトの各ページの内部対策状況を分析し、最適化できる。ページコンテンツの文字数や単語数、キーワード含有率、キーワード出現率といった客観的な情報に加え、見出しタグや強調タグが正しい文書構造で記述されているかをチェックしてコンテンツの強化にもつなげられる。

 Google Analyticsとのデータ連携も可能。検索上位に位置しているが実際は流入に結び付いていないなどの実態をデータで確認でき、施策内容をメモに残せるようになっている。

Gyro-n SEOのまとめ
用途と機能無料で利用可能なSEO対策ツール
特徴検索順位を毎日自動で計測、下落注意ワードなどを把握できる。キーワードごとに検索結果や競合他社での表示も確認可能
税別価格基本的に無料だが、管理サイト、キーワード、競合サイトの利用数を増加する場合は数量に合わせてオプション料金が発生

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan