グループウェア 都築電気

IntrameriT Office:企業内の情報連携を強化するグループウェア

グループウェアの「IntrameriT Office」は、掲示物の一斉送信、ファイルの回覧といった機能などを搭載する。閲覧していない人に対して督促メールを通知したり、アンケートなどで閲覧者の反応や回答を得たりすることができる。

IntrameriT Officeのポイント

  • 掲示物の一斉送信、ファイルの回覧で情報連携を強化
  • ドキュメントの共有と閲覧、ダウンロードが可能
  • スマートフォンからの参照、登録、承認に対応

IntrameriT Officeの製品解説

 都築電気の「IntrameriT Office」は、社内コミュニケーションや業務生産性の向上を支援するグループウェアだ。ポータルや回覧板、掲示板、施設予約、スケジュール、名刺管理などの機能を備えている。

編集部おすすめの関連記事

 社内掲示物の一斉送信、文書や添付ファイルの回覧といった仕組みで社内のコミュニケーションを活性化する。部門や役職、プロジェクトなどに制限して発信することが可能で、発信者は回覧状況を一覧で把握できる。閲覧していない人に対して督促メールを通知したり、アンケートなどで閲覧者の反応や回答を得たりすることができる。

 文書や表などのドキュメントを共有して閲覧、ダウンロードできるライブラリ機能を備える。従業員の情報知識レベルを向上し、フォルダ単位にアクセスできる利用者を設定して、フォルダを表示させることが可能。フォルダはツリー形式に階層化される。

 スマートフォンでは、アドレス帳、伝言、社内メール、掲示板、スケジュール、施設予約、ワークフローの各機能を利用できる。外出先でもスケジュールや社内メールなどのチェックが可能となっている。

IntrameriT Officeのまとめ
用途と機能社内コミュニケーションや業務生産性の向上を支援するグループウェア
特徴社内掲示物の一斉送信、文書や添付ファイルの回覧といった仕組みで社内のコミュニケーションを活性化。文書や表などのドキュメントを共有して閲覧、ダウンロードできるライブラリ機能も備える。スマートフォンでの利用にも対応する
税別料金IntrameriT Base V7:利用価格が100万円、年間保守費用が15万円。追加ライセンスは101~499ライセンスで1人当たり4000円、年間保守費用は600円
導入企業シチズンビジネス エキスパート、キングレコード、東宝、岩崎電気、シード、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan