ネットワーク アクセス管理

意外と知らない「IPアドレス」活用術(4)“IPv4アドレス移転”で枯渇問題に対処

法人間でIPv4アドレスを移転する「IPv4アドレス移転制度」は、IPアドレスの効率的な活用を実現し、目の前の枯渇問題を解決するために有効な方法の一つとされている。今回はその最新動向を解説する。

 「第1回:基本的な仕組みを理解しよう」で紹介した通り、IPアドレスは全世界的な階層構造で管理されている。IPアドレスは上階層から下の階層にある組織に必要なIPアドレスを充当する形で分配されてきた。

 「IPアドレスの枯渇」というと、まるで井戸が枯れるように、上階層のIPアドレス在庫がすっかりなくなってしまうようなニュアンスがある。しかし、正確には下階層に割り振るルールが変更されることを「枯渇」と呼ぶ。今まで下階層が受け取れていたIPアドレスの分配に制限が掛かることが一般的だ。

 IPアドレス在庫の大本であるInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)でIPv4アドレスが枯渇したのが2011年2月。そのわずか2カ月後にAsia Pacific Network Information Centre(APNIC)も枯渇を発表した。続く4年間でRéseaux IP Européens Network Coordination Centre(RIPENCC)、Latin America and Caribbean Network Information Centre(LACNIC)、American Registry for Internet Numbers(ARIN)の在庫も枯渇し、全世界的にIPv4アドレスの割り振りが終了しつつある。

画像1

連載「意外と知らない『IPアドレス』活用術」の記事一覧

残り本文:約2564文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan