ネットワーク アクセス管理

意外と知らない「IPアドレス」活用術(4)“IPv4アドレス移転”で枯渇問題に対処

法人間でIPv4アドレスを移転する「IPv4アドレス移転制度」は、IPアドレスの効率的な活用を実現し、目の前の枯渇問題を解決するために有効な方法の一つとされている。今回はその最新動向を解説する。

 「第1回:基本的な仕組みを理解しよう」で紹介した通り、IPアドレスは全世界的な階層構造で管理されている。IPアドレスは上階層から下の階層にある組織に必要なIPアドレスを充当する形で分配されてきた。

 「IPアドレスの枯渇」というと、まるで井戸が枯れるように、上階層のIPアドレス在庫がすっかりなくなってしまうようなニュアンスがある。しかし、正確には下階層に割り振るルールが変更されることを「枯渇」と呼ぶ。今まで下階層が受け取れていたIPアドレスの分配に制限が掛かることが一般的だ。

 IPアドレス在庫の大本であるInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)でIPv4アドレスが枯渇したのが2011年2月。そのわずか2カ月後にAsia Pacific Network Information Centre(APNIC)も枯渇を発表した。続く4年間でRéseaux IP Européens Network Coordination Centre(RIPENCC)、Latin America and Caribbean Network Information Centre(LACNIC)、American Registry for Internet Numbers(ARIN)の在庫も枯渇し、全世界的にIPv4アドレスの割り振りが終了しつつある。

画像1

連載「意外と知らない『IPアドレス』活用術」の記事一覧

残り本文:約2564文字 ログインして続きを読んでください。

「ネットワーク」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
IAサーバー
UNIXサーバー
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバー
ストレージ
スイッチ
無線LAN
ルーター
ロードバランサー
VPN
WAN高速化
その他ネットワーク
サーバー仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
その他仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]