クラウド クラウドサービス

Google Cloud Platformの「Network Service Tiers」--低価格サービスを選択可能に

Google Cloud Platform(GCP)が発表した新しい「Network Service Tiers」は、クラウドユーザーが求めるパフォーマンスやコストに応じて「Standard Tier」と「Premium Tier」の2つのオプションを選択にする。

 Google Cloud Platform(GCP)は米国時間8月23日、新しい「Network Service Tiers」を発表した。クラウドユーザーが求めるパフォーマンスやコストに応じて「Standard Tier」と「Premium Tier」の2つのオプションから選択できる。

 クラウドネットワーキングプロダクトマネージャーを務めるPrajakta Joshi氏がGoogleのブログ投稿で詳細を述べているとおり、Network Service Tiersは現在、アルファ版として公開されている。おそらくはっきりしているのは、Premium Tierがパフォーマンスを最適化したオプションであり、Standard Tierがより低価格のオプションとして提供されるということだ。

 Googleのテクニカルインフラストラクチャ担当シニアバイスプレジデントを務めるUrs Holzle氏は、「われわれは過去18年間に世界最大のネットワークを構築しており、その規模はインターネットトラフィック全体の25~30%を占めているという報告もある」と同リリースで述べている。「Premium Tierでは、従来と同じインフラが享受できる。ただし、一部の使用事例では、パフォーマンスを落としたより安価な代替サービスが好まれる場合もあるだろう。Network Service Tiersなら、ユーザーにふさわしいネットワークがアプリケーション単位で選択できる」(Holzle氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1575文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]