データ分析 プログラム言語

データサイエンティストを目指す--学ぶべきプログラム言語とは

Indeed Primeによると、データサイエンススキルを備えた開発者に対する需要は現在、企業の間で「とても強い」という。データサイエンス分野のキャリアを追求したいなら、ここで紹介する3言語の1つを学習することを検討すべきだ。

 テック業界でスキルの幅を広げたい?Indeed PrimeのディレクターであるShu Wu氏によると、データサイエンススキルを備えた開発者に対する需要は現在、企業の間で「とても強く」、データサイエンティストの求人が、この4年間で「激増」しているという。

 「雇用見通しは堅調で、データサイエンティストは平均給与が高いが、競争が激しい」とWu氏は述べる。「データ検証の専門家であるデータサイエンティストは優秀だが、データを企業全体にとって理解しやすいものにしてくれる能力の持ち主は、その頂点にある」(Wu氏)

 米国電気電子学会(IEEE)フェローで、タフツ大学大学院工学部長を務めるKaren Panetta氏によると、技術の進歩と利用できる大量のオンラインデータが、あらゆる分野に影響を及ぼし、経済に非常に大きな影響を与えているという。このいわゆる「Data avalanche(データの雪崩)」では、データの膨大さだけでなく、その変化や増加のスピード、利用できるデータの多様性も問題になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1966文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan