VR・AR AI・機械学習

“投資すべきパーソナルテクノロジ”トップは機械学習/人工知能

正しく活用することでビジネスに大きな影響をもたらす可能性があるという“デジタルビジネスをサポートするパーソナルテクノロジ”のトップ10をガートナーがまとめた。

 ガートナー ジャパンは8月24日に“デジタルビジネスをサポートするパーソナルテクノロジ”のトップ10を発表した。パーソナルテクノロジは、正しく活用することでビジネスに大きな影響をもたらす可能性があると説明している。

 米本社リサーチディレクターのAnnette Jump氏は「今後2、3年の間にパーソナルテクノロジはデジタルビジネスを推進し、サポートする上で非常に大きな役割を果たすことになる。パーソナルテクノロジは、消費者のデジタルビジネスの成果を主導するユースケースをサポートするために使用すべき」と提言している。同社が投資すべきとするパーソナルテクノロジのトップ10は以下の通り。

  1. 機械学習(ML)/人工知能(AI)
  2. 仮想パーソナルアシスタント(Virtual Personal Assistant:VPA)
  3. イマーシブテクノロジ(拡張現実=AR/仮想現実=VR)
  4. 3Dプリンティング
  5. 位置センサ/追跡(モノと人)
  6. 3Dカメラ
  7. 生体認証
  8. ウェアラブルデバイス
  9. チャットボット
  10. ワイヤレス給電

編集部おすすめの関連記事

1.機械学習(ML)/人工知能(AI)

 機械学習は人工知能の技術の1つであり、一連の観測データから認識された情報やパターンを抽出する。このテクノロジは、産業などの分野で工程の自動化やパターンの認識にも使われる。

残り本文:約2693文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]