VR・AR AI・機械学習

“投資すべきパーソナルテクノロジ”トップは機械学習/人工知能

正しく活用することでビジネスに大きな影響をもたらす可能性があるという“デジタルビジネスをサポートするパーソナルテクノロジ”のトップ10をガートナーがまとめた。

 ガートナー ジャパンは8月24日に“デジタルビジネスをサポートするパーソナルテクノロジ”のトップ10を発表した。パーソナルテクノロジは、正しく活用することでビジネスに大きな影響をもたらす可能性があると説明している。

 米本社リサーチディレクターのAnnette Jump氏は「今後2、3年の間にパーソナルテクノロジはデジタルビジネスを推進し、サポートする上で非常に大きな役割を果たすことになる。パーソナルテクノロジは、消費者のデジタルビジネスの成果を主導するユースケースをサポートするために使用すべき」と提言している。同社が投資すべきとするパーソナルテクノロジのトップ10は以下の通り。

  1. 機械学習(ML)/人工知能(AI)
  2. 仮想パーソナルアシスタント(Virtual Personal Assistant:VPA)
  3. イマーシブテクノロジ(拡張現実=AR/仮想現実=VR)
  4. 3Dプリンティング
  5. 位置センサ/追跡(モノと人)
  6. 3Dカメラ
  7. 生体認証
  8. ウェアラブルデバイス
  9. チャットボット
  10. ワイヤレス給電

編集部おすすめの関連記事

1.機械学習(ML)/人工知能(AI)

 機械学習は人工知能の技術の1つであり、一連の観測データから認識された情報やパターンを抽出する。このテクノロジは、産業などの分野で工程の自動化やパターンの認識にも使われる。

残り本文:約2693文字 ログインして続きを読んでください。

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan