データベース

「SQL」再入門(4)--ユーザーフレンドリーな出力をDECODE関数で

「SQL」には、わかりやすい方法でデータを表示するオプションがいくつかある。今回のSQL再入門では、DECODE関数に注目したい。

 データベースに必要なデータがすべて揃っているのが理想だ。だが、そのデータが普通のユーザーにはあまり意味をなさないケースもある。ユーザーから見てわかりにくいフォーマットになっていることがあるからだ。SQLには、もっとわかりやすい方法でデータを表示するオプションがいくつかある。今回のSQL再入門では、DECODE関数に注目したい。

SQLのDECODE関数とは?

 SQLのDECODE関数は、特定の条件が満たされるとデータを分析できる。以前に取り上げたCASE関数を覚えているだろうか?DECODE関数はCASE関数のお手軽版だと考えればいい。残念ながら、「SQL Server」や「MySQL」では利用できない。それらのデータベースのユーザーは、CASE関数の使用に関して米TechRepublicで公開されている以前の記事を参考にしてもらいたい。DECODE関数を利用すると、SQLが実質的に「IF THEN」分析を実行し、もっと受け入れやすいフォーマットで抽出データをユーザーに表示できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1141文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan