セキュリティ

サイバーセキュリティ担当者がやめるべき10の悪癖

サイバーセキュリティ関連職の需要は高まっているが、担当者のミスによって企業を危険にさらしてしまうこともある。本記事では、サイバーセキュリティ担当者がそのようなミスをしないように、そして効果的に役割を果たすために、やめるべき10の悪癖を紹介する。

 サイバーセキュリティ関連職に対する需要は高まり続けており、2022年までに180万人の人材が不足すると予想されている。現在、世界でデータ漏えいによって発生するコストの平均額は362万ドルに達しており、これらの職務を担う人々は、企業で重要な役割を果たす。

 よくあるようなミスが現場ではいくつも発生するが、それによって、仕事がより困難になり、企業が危険にさらされることもある。本記事では、サイバーセキュリティ担当者が自らの役割を効果的に果たすために、やめるべき10の悪癖を紹介する。

1. 過信する

 サイバーセキュリティ担当者が最も犯しやすいミスは、過剰な自信と、安全に対する誤った意識である、とシラキュース大学情報学大学院の実務助教授のBahram Attaie氏は話す。「自分たちは適切な管理策を全て実装したので、ハッキングされることはない、と彼らは考える」(Attaie氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4261文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan