EAI/ESB アプレッソ

データ連携ソフトで受注データ処理を自動化--月12時間の手作業をゼロに

受配電設備などを製造、販売する河村電器産業はNotesをベースにした情報系システムのITインフラを刷新した。これまで手作業だった受注データの登録をデータ連携ソフトで自動化した。

 人手による作業を自動化するには現在、RPAが有効な選択肢だが、選択肢は一つとは限らないようだ。

 受配電設備などを製造、販売する河村電器産業(愛知県瀬戸市、従業員1892人)はWindows XPのサポート終了に伴う移行を機に、IBM Notesをベースにした情報系システム中心のIT環境を更新した。

 営業関連のデータをNotesからSaaS型営業支援(SFA)ツール「Salesforce」に移行するために、データ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」を活用した。同社の情報システム部門は長年COBOLを基本にしていたが、GUIでデータ連携できることからDataSpider Servistaを選択した。

改めて考えるデータ連携の重要性

  1. クラウド普及で広がるユーザー部門主導
  2. それでもまだ多い手組み開発の功罪
  3. 気になるAPIやマイクロサービスとの関係
  4. 境界が曖昧に、種類と量も増加

 Notesからの移行作業を完了させた後で、DataSpider Servistaをほかの業務にも用途を拡大している。受注データ処理の自動化や需要予測データの取得と反映の自動化、週報の自動入力支援などに活用している。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  5. アプリプロジェクトを成功させるには?マーケターが把握しておきたいアプリ企画~開発まで

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]