人事・労務

「HRTech」を使いこなすために知っておきたい「導入」と「運用」の勘所

HRTechサービスの活用メリットを得るためには、適切な「導入」と「運用」が求められます。そのためには何を意識すべきなのでしょうか。HRTechサービスを導入、運用する際に意識すべきことを解説します。

 前回「“戦略人事”を支援する『HRTech』とは何か?」では、HRTechサービスの種類や活用メリットを紹介しました。

 HRTechサービスの領域は、採用、人材管理、勤怠、労務、教育管理と幅広くあります。そして、それらのサービスを活用することで、人事業務の「戦略化」と「効率化」に役立てることができます。

 各種サービスの活用には次のようなメリットが考えられます。

  • 採用業務において、応募者管理の一元化、採用全体のデータが可視化できるため、PDCAサイクルを効率よく回すことが可能になる
  • 従業員データをさまざまな切り口から俯瞰(ふかん)して見ることができ、適材適所の人材配置のほか、組織ごとの傾向や問題の発見にもつなげられる
  • 人事評価や組織診断の結果を一元管理、数値化することができるため、組織の現状や従業員の帰属意識を測ることができる
  • 社会保険、雇用保険、年末調整などの各種手続きを簡素化でき、人事部と従業員の運用工数を削減できる
  • さまざまな打刻方法に対応でき、コンプライアンスに遵守した正確な勤怠管理が可能になる
  • リアルタイムで勤怠データを集計でき、また給与計算システムとの連動も可能なため、担当者の負担が軽減される
  • システム上で学習教材の配信、受講状況、成績などを統合して管理できるため、コスト削減や運用の効率化、個々人に応じた学習支援を可能にする

 しかし、このような活用メリットを得るためには、適切な「導入」と「運用」が求められます。当然ですが、HRTechサービスの導入を決定しただけで、「何かが変わる」わけではありません。

 それでは、HRTechサービスを活用するために何を意識すべきなのでしょうか。今回はHRTechサービスを導入、運用する際に意識したいことを考えていきます。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2689文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]