SDN/ネットワーク仮想化 ネットワンシステムズ

佐賀大、SDNやHCIなど組み合わせキャンパス情報ネットワーク刷新

佐賀大学は、キャンパス情報ネットワークを刷新し、3月から稼働を開始している。SDN、HCI、クラウド型サンドボックスなどソフトウェアを中心とした最新技術を採用し、高度な運用管理性とセキュリティを確保している。

 佐賀大学は、キャンパス情報ネットワークを刷新し、3月から稼働を開始している。ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)、クラウド型サンドボックスなどを組み合わせ、高度な運用管理性とセキュリティを確保している。ネットワンシステムズが8月18日に発表した。

 その背景には、高度化するサイバー攻撃への対策と少人数での運用効率の向上が大きな課題となっていた。また、前回のネットワーク導入から7年が経過しており、スマートデバイスなどの増加によるグローバルIPアドレスの枯渇対策と利便性の両立、学術情報ネットワーク「SINET5」の高速化にも対応する必要があった。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 「オフィスにいなくても仕事ができる」は「24時間仕事をしろ」ではない!VDI導入の本当の恩恵

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan