マーケティングオートメーション

Kairos3:中小企業や部門単位でも導入しやすいMAツール--月額5000円から利用可能

マーケティングオートメーション(MA)ツールの「Kairos3」は、中小企業や部門単位でも導入しやすい価格設定が特徴。見込み客の行動履歴を記録して見込み度の高い顧客を抽出する。投資対効果を最適化する分析機能も搭載する。

Kairos3のポイント

  • 中小企業や部門単位でも導入しやすい価格設定
  • 見込み客の行動履歴を記録して見込み度の高い顧客を抽出
  • 投資対効果を最適化する分析機能も搭載

Kairos3の製品解説

 カイロスマーケティングの「Kairos3」は、フォーム作成、ログ解析、メール配信、顧客管理など、ウェブマーケティングに必要な一連の機能を備えたマーケティングオートメーション(MA)ツールだ。中小企業やスタートアップ、部門予算でも導入しやすい価格帯でサービスを提供する。

編集部おすすめの関連記事

 リード管理機能では、ウェブサイトの訪問やメールの開封、問い合わせ、イベントの参加や展示会の来訪まで、見込み客の行動履歴を時系列で記録する。ここで得られた情報をもとに、スコアリング機能やリードナーチャリング機能を使用して見込み客の購買意欲を数値化、可視化し、ホットリード機能で見込み度の高い顧客を抽出することができる。

 メール配信については、HTMLメール、テキストメール、スマートフォン向けメールなどを作成するエディタが用意されており、複数回のメール配信を予約できるステップメール機能も備える。メールの開封やクリックの状況をリアルタイムで分析することができ、本文内のリンククリック後のウェブアクセスも追跡できるので、フォームの流入経路もメール別に分析することが可能だ。

 マーケティング分析機能では、こうした見込み客の行動をスコアとして記録し、対投資効果を最適化するためのレポートが提供される。業種、役職、地域、会社別に見込み客の分布状況や、最適なマーケティング活動を導くための購買意欲別の分布状態と行動履歴、すぐに営業活動すべき見込み度の高い顧客(ホットリード)の一覧とその獲得ソース、経路、獲得日などのレポートが提供される。これらのレポートはCSV形式で出力でき、Excelなどでさらに詳細に分析することも可能になっている。

Kairos3のまとめ
用途と機能ウェブマーケティングに必要な一連の機能を備えたMAツール
特徴中小企業や部門単位でも導入しやすい価格設定。見込み客の行動履歴を把握して分析し、売上向上につなげる。投資対効果を改善する各種レポートも提供する
税別価格初期費用は1万円、月額費用は保有リード数が100件までが5000円、1000件までが月額1万円、ほか
導入企業ゴルフライフ、インフィールド、アドックインターナショナル、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]