開発 開発ツール 開発支援

ローコードプラットフォームで補う開発者不足--導入前に知っておくべきこと

コーディングの知識が不要なローコード開発プラットフォームを導入することで企業は、開発者の雇用が難しくてもアプリ開発が可能となる。ここでは、そのようなプラットフォームについて知っておくべきことを解説する。

 Indeedのデータによると、開発者は現在、世界で最も需要の多い技術職の1つで、優秀な人材を見つけるのが最も困難な技術職のトップ10にフロントエンド開発者とフルスタック開発者、モバイル開発者、バックエンド開発者がランクインしているという。需要が供給を上回るなか、多くの企業は、アプリの構築やビジネスプロセスの自動化に必要な技術人材がいない状況に置かれている。

 そこでローコード開発プラットフォームの出番である。これは、コーディング経験のないITプロフェッショナルやビジネスプロフェッショナルがアプリを構築し、場合によっては組織内の技術人材不足を埋めることも可能にするツール群だ。

 ForresterのアナリストのJeffrey Hammond氏は、「開発者はより大きな規範性と引き換えに、少しの支配権を手放す。それにより、彼らはより高度な生産性を実現できる」と述べる。「また、コンピュータサイエンスの学位は持たないかもしれないがローコードツールを使ってアプリケーションを構築できるという、より広範な人々にも、開発がとっつきやすいものになる」(Hammond氏)

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2102文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  4. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]