クラウドサービス IDC Japan

予算削減の優先度は低下、セキュリティ重視に--クラウドユーザー動向調査

国内市場ではクラウド導入の促進要因として「ITセキュリティの強化」を最も重要視していることが分かった。クラウドに関わるユーザー動向調査で明らかになった。

 IDC Japanは8月17日、2017年3月に実施したクラウドに関わるユーザー動向調査「CloudView 2017」の結果を発表した。国内市場ではクラウド導入の促進要因として「ITセキュリティの強化」を最も重要視していることが分かった。

 国内市場では、既に多くの企業がクラウドを導入しており、ITの導入時に、クラウドと従来型を同等に評価検討する「クラウドオルソー(Cloud Also)」戦略を取る企業が最も多いものの、クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト(Cloud First)」へのシフトが見られるようになってきた。

 今回の調査では、クラウド導入の促進要因として国内企業で最も多く挙げられたのが「ITセキュリティの強化」だった。クラウドの配備モデル別にみると、ホステッドプライベートクラウドサービス(HPCサービス)でそれが顕著に見られ、56.0%の企業が「ITセキュリティの強化」を導入の促進要因であると回答している。

残り本文:約772文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan