クラウドサービス IDC Japan

予算削減の優先度は低下、セキュリティ重視に--クラウドユーザー動向調査

国内市場ではクラウド導入の促進要因として「ITセキュリティの強化」を最も重要視していることが分かった。クラウドに関わるユーザー動向調査で明らかになった。

 IDC Japanは8月17日、2017年3月に実施したクラウドに関わるユーザー動向調査「CloudView 2017」の結果を発表した。国内市場ではクラウド導入の促進要因として「ITセキュリティの強化」を最も重要視していることが分かった。

 国内市場では、既に多くの企業がクラウドを導入しており、ITの導入時に、クラウドと従来型を同等に評価検討する「クラウドオルソー(Cloud Also)」戦略を取る企業が最も多いものの、クラウドを優先的に検討する「クラウドファースト(Cloud First)」へのシフトが見られるようになってきた。

 今回の調査では、クラウド導入の促進要因として国内企業で最も多く挙げられたのが「ITセキュリティの強化」だった。クラウドの配備モデル別にみると、ホステッドプライベートクラウドサービス(HPCサービス)でそれが顕著に見られ、56.0%の企業が「ITセキュリティの強化」を導入の促進要因であると回答している。

残り本文:約772文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan