セキュリティ マルウェア対策 AI・機械学習

AIとAIの戦い--ウイルス対策AIを欺くようAIでマルウェア改変

機械学習を使ったウイルス対策ソフトウェアを出し抜くため、AIを利用してマルウェアを改変するという、憂慮すべきAIの利用事例がハッキングカンファレンス「DEF CON」で紹介された。

 米国時間7月27日~30日に開催されたハッキングカンファレンス「DEF CON」で、セキュリティ企業EndgameのHyrum Anderson氏は憂慮すべきAIの利用事例を紹介した。それは、機械学習を使ったウイルス対策ソフトウェアを出し抜くために、AIを利用してマルウェアを改変するというものだ。

 Endgameの実験において重要な前提は、あらゆるAIには盲点があり、そのような盲点は他のAIに悪用される可能性があるということだ。その上で、研究チームがマルウェアのコードにちょっと手を加え、ウイルス対策ソフトウェアを攻撃できるようにしたところ、16%の確率でセキュリティ対策をすり抜けることに成功したという。

 16%という割合は大きくないように思えるかもしれない。だが、AIを利用してマルウェアを作り変え、動作するのに検出されないマルウェアを作ることに成功したなら、すり抜ける割合は問題ではない。そのマルウェアを検出できなければ、1回の感染でも大きな影響がもたらされる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1439文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]