その他データベース

「SQL」再入門(3)--データのカウントとグループ化

「SQL」で単に「SELECT *」と実行すると、大量のデータがデータベースから次々と表示される可能性がある。だが幸いなことに、「WHERE」句などいくつかのパラメータを追加するだけで、データ出力を簡単に整理できる。

 SQLで単に「SELECT *」と実行すると、大量のデータがデータベースから次々と表示される可能性がある。だが幸いなことに、「WHERE」句などいくつかのパラメータを追加するだけで、データ出力を簡単に整理できる。特定のデータの件数を出力するようにクエリで指定することも可能だ。SELECT文でCOUNT関数を使えばよい。この記事では、日常的によく実行されるデータリクエストのやり方を紹介しよう。

 皆さんの会社のマーケティング部門が、既存の顧客の中からリピート購入を勧める顧客を探しているとしよう。そのために、前月(この例では2017年3月)に製品の販売数が最も多かった都市や州に売り込みをかけることを考えた。表Aは、この会社のデータベースの「sales」テーブルだ。このテーブルを使って、2017年3月に最も多くの販売数を記録した州を探してみよう。

表A:Sales

例にあるクエリで使用される「sales」テーブル
nameproductdate_of_purchasestate_code
HANK HILLWIDGET102/22/2017TX
AL BUNDYWIDGET103/03/2017IL
RON SWANSONWIDGET203/15/2017IN
DALE GRIBBLEWIDGET903/09/2017TX
BUD BUNDYWIDGET303/22/2017IL
ANDY DWYERWIDGET203/15/2017IN
LESLIE KNOPEWIDGET103/11/2017IN
SHELDON COOPERWIDGET503/05/2017CA
PEGGY PLATTERWIDGET303/29/2017CO

 このテーブルにはデータがたくさんありすぎて、分析が難しい。そのため、目的に合わせてSQL構文を調整する必要がある。では、クエリを作ってみよう。COUNT関数を使用するには、SELECT文内にこの関数を記述し、カウントするフィールドを「COUNT(フィールド名)」とカッコ内に指定する。また、最終的な出力結果を整理するために、クエリの最後に「GROUP BY」句を記述することが必要だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1018文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]