AI・機械学習 データセンター

AIでデータセンター運用を支援--グーグルが明かした将来に向けた成果

グーグルの担当者によると、同社はAIシステムの助言によって、自社のデータセンターの省エネを実現できたという。近い将来、データセンターの管理はAIが担うのが当たり前のことになるかもしれない。

 Googleを常時利用可能な状態に維持する作業を担当するエンジニアによると、世界中のオンラインサービスを支える巨大データセンター群は近い将来、AIの力を借りて運用されるようになるという。

 Googleのエンジニアリング担当バイスプレジデントのBen Treynor Sloss氏がそう予想する根拠は、Googleのデータセンター運用を支援する役割を担っている機械学習システムが、2016年に大幅なコスト節約の可能性を提示したことだ。

 Googleの「DeepMind」システムはサーバの運用方法、電力および冷却装置の運転を微調整することで、Googleのデータセンターの電力効率を大幅に改善した。同システムの助言に従って、Googleはサーバの冷却に必要なエネルギーを約40%削減することに成功した。この省電力化を世界中のGoogleのデータセンターで再現できれば、最大で年間何千万ドルものコストを節約できる可能性がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3611文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan