仮想化

「Hyper-V」の基礎知識--仮想化基盤の概要と始め方

マイクロソフトのネイティブハイパーバイザ「Hyper-V」は、「Windows Server 2008」のx86/x64版とともに最初のバージョンがリリースされて以来、WindowsクライアントとWindowsサーバの各バージョン向けに提供されている。

 Microsoftのネイティブハイパーバイザ「Hyper-V」は、「Windows Server 2008」のx86/x64版とともに最初のバージョンがリリースされて以来、WindowsクライアントとWindowsサーバの各バージョン向けに提供されている。

 ここでは、Hyper-Vの概要や「Hyper-V Server 2016」の始め方、そして、「Hyper-V」用の仮想マシンを「Hyper-V Manager」を使って作成および管理する手順を紹介する。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan