AI・機械学習

「認知コンピューティングから破壊的な影響を受ける」:CMOの61%が回答

IBMは、さまざまな企業の最高マーケティング責任者(CMO)およびセールス担当リーダーを対象にコグニティブ(認知)コンピューティング意識調査を実施し、その結果を発表した。

 IBMは、さまざまな企業の最高マーケティング責任者(CMO)およびセールス担当リーダーを対象にコグニティブ(認知)コンピューティング意識調査を実施し、その結果を発表した。それによると、回答者の61%は、自分たちの業界がコグニティブコンピューティングから破壊的な影響を受ける、と考えていた。

 このように大きく影響されるという予測に対し、企業として準備はできているのだろうか。準備状況を質問したところ、2020年には業界のコグニティブコンピューティング受け入れ体制が整うと回答した人が、全体の64%いた。コグニティブコンピューティング導入でメリットが得られる主な領域として、CMOらは顧客体験および業績の改善を挙げた。

 過去3年間で売上高や収益性などが業界の平均以上に上昇した企業に所属する回答者は、全体の13%。こうしたCMOらのうち、コグニティブコンピューティングが成熟し、市場で利用可能と確信する人の割合は93%に達した。さらに、所属企業がコグニティブコンピューティングに適していると答えた人は91%いた。

編集部おすすめの関連記事

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]