Windows OS OS・ミドルウェア

「Windows 10」の今後--MS旗艦OSを使い続けるべき5つの理由

マイクロソフトの「Windows 10」は、7月にリリースから2周年の節目を迎えた。多数の新機能が提供される10月の「Fall Creators Update」など、Windows 10を使い続けていくべき理由を紹介する。

 Microsoftの旗艦OS「Windows 10」は米国時間7月29日、リリースから2周年を迎えた。

 Windows 10の2年間は決して順風満帆ではなかった。採用はMicrosoftが期待したほど順調には進まず、同OSがユーザーに強引に押しつけられているとの不満もあった。

 それでも、Windows 10は約5億台のデバイスで使用されており、MicrosoftはWindows 10のメジャーアップデートを年に2回リリースすると約束している。

 本記事では、Windows 10ユーザーが期待できるような新機能と、Windowsを使い続けるべき理由やWindowsに乗り換えるべき理由を紹介する。これとは逆の見方については、「Windows 10: Five reasons to avoid Microsoft's flagship OS」を参照してほしい。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4374文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]