マーケティング

Moptar:顧客の動線情報を店舗の販促活動につなげる顧客動線分析システム

顧客動線分析システムの「Moptar」は、顧客の動線情報から店舗の販促活動支援のための情報を引き出す。顧客動線とPOSデータを連携させて行動と購買を組み合わせて分析でき、2D/3Dレーザーセンサ、Kinectといったさまざまなデバイスを選択可能だ。

Moptarのポイント

  • 顧客の動線情報から店舗の販促活動支援のための情報を引き出す
  • 顧客動線とPOSデータを連携させ、行動と購買を組み合わせて分析
  • 2D/3Dレーザーセンサ、Kinectといったさまざまなデバイスを選択可能

Moptarの製品解説

 スプリームシステムの「Moptar」は、顧客の動線情報から店舗の販促活動支援のための情報を引き出す顧客動線分析システムだ。顧客動線をリアルタイムに可視化する機能や、集積されたデータを分析してさまざまな切り口で比較や相違、原因などの調査に役立てる機能などを搭載。顧客行動の分類の自動化や防犯対策への応用といったアクションにもつなげられる。

編集部おすすめの関連記事

 具体的には、入店客数、各通路の通行数、各売場の通行数、立寄客数、滞留客数、通過客数、立寄客購入率、滞留客購入率、通過客購入率を可視化する。他の売場と比較したり、キャンペーンの前後で比較したり、過去のデータと比較したりすることで、各売場の問題点を分析し、店舗改善につなげることが可能だとしている。

 顧客動線と販売時点情報管理(POS)データをマッチングすることで、顧客の興味と購買状況を合わせた分析が可能になり、売場の問題点や評価点の発見へとつなげられる。

 2Dレーザーセンサ形式、3Dレーザーセンサ形式、Kinect形式などでは、タグなど顧客に何かを持たせないでも動線を追跡することが可能。店舗内全体の動線取得のほか、一部エリアでのみ動線を取得することもできる。

Moptarのまとめ
用途と機能顧客の動線情報から店舗の販促活動支援のための情報を引き出す顧客動線分析システム
特徴入店客数、各通路の通行数、各売場の通行数、立寄客数、滞留客数、通過客数、立寄客購入率、滞留客購入率、通過客購入率を可視化。顧客動線とPOSデータとのマッチングも可能。2Dレーザーセンサ形式、3Dレーザーセンサ形式、Kinect形式といったさまざまなデバイスを選択可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  5. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]