ERP

Infor CloudSuite Industrial:製造業に特化したSaaS型クラウドERP--多通貨にも対応

SaaS型クラウドERPの「Infor CloudSuite Industrial」は、製造業向けの業務アプリケーションと生産管理機能を統合している。グローバル対応の財務管理や総合設備効率の分析に対応する。

Infor CloudSuite Industrialのポイント

  • 生産現場のスケジューリングやリーン生産向けの管理ツールを搭載
  • グローバル対応の財務管理や総合設備効率の分析に対応
  • レスポンシブデザインに対応し、モバイル端末での表示に最適化

Infor CloudSuite Industrialの製品解説

 インフォアジャパンの「Infor CloudSuite Industrial」は、製造業向けのSaaS型クラウド統合基幹業務システム(ERP)だ。業界特化型の業務アプリケーションと生産管理機能を統合し、クラウドで提供する。

編集部おすすめの関連記事

 生産現場のスケジューリングやリーン生産向けの管理ツールにより、個別受注生産や設計生産の業務全体を効率化。グローバルオペレーションに対応する財務管理機能や総合設備効率に対応するレポート機能を備える。

 具体的には、同一取引先に対する複数通貨建取引、別通貨での決済機能など、複雑な通貨換算要件に対応し、生産スケジューリング画面上での機械設備の稼働状況を考慮した製造オーダーの割り当て、当該製造オーダーで実際に使用した機械設備の可視化と分析ができる。

 レスポンシブデザインに対応したユーザーインターフェースを採用しており、モバイル端末での表示に最適化できる。

 個人や職務ごとにパーソナライズされたウェブページ設定やソーシャルコラボレーションが可能な「Infor Ming.le」、XMLドキュメントによるシステム間連携やワークフロー設定が可能な「Infor ION」、事前定義されたデータ分析環境を提供する「Infor BI」、各種ドキュメントを集中管理してマスタやトランザクションへの自動割当とインコンテキスト表示が可能な「Infor IDM」などとの連携も可能となっている。

 Amazon Web Services(AWS)のクラウド基盤を採用しており、初期投資を大きく削減できるとしている。

Infor CloudSuite Industrialのまとめ
用途と機能製造業向けのSaaS型クラウドERP
特徴業界特化型の業務アプリケーションと生産管理機能を統合。生産現場のスケジューリングやリーン生産向けの管理ツールを搭載。グローバルオペレーションに対応する財務管理機能や総合設備効率に対応するレポート機能を備える

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan