オフィスソフト

「LaTeX」を使った数式入力のサポート--「Office 365」更新動向【2017年8月版】

2017年8月上旬に実施された「Office 365」の更新では、Windows版でアクセシビリティが向上したほか、WordのLaTeXを使った数式入力が追加された。Mac版、iOS版、Android版、Windows Mobile版も機能が追加されている。

 2017年8月上旬に実施された「Office 365」の各プラットフォームに対する更新内容をレポートする(8月14日時点で公開されている情報をもとに作成)。

Windows版:LaTeXを使った数式入力をサポート

 Windows版は「バージョン1707(ビルド8236.2058)」に更新され、Word 2016、Excel 2016、PowerPoint 2016、Outlook 2016に対するアクセシビリティを向上させた。アプリケーションのオプション画面から「簡単アクセス」を開くと、操作結果をサウンドで知らせるか否か選択できる。Outlookであればメールの送信や削除、コンテンツの貼り付け操作後にサウンドが鳴る仕組みだ。

画面1
「操作の結果を音で知らせる」にチェックを入れると、操作完了を知らせるサウンドが鳴る。また、ドロップダウンリストから「モダン」「クラシック」の2種類からサウンドパターンが選択できる

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2662文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan