開発 開発ツール

ラズパイ競合ボード向けの超小型プロジェクタ--TI「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」

テキサス・インスツルメンツ(TI)の超小型プロジェクタ「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」は、「Raspberry Pi」のライバルボード「BeagleBone Black」に差し込んで使用する。

 プロジェクタがかつてスーツケースに入れられていたほど大型だったことを覚えているだろうか。新たに登場したこの小さなプロジェクタは、ポケットサイズコンピュータの上部にきちんと収まるほどのサイズだ。

 Texas Instrument(TI)の「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」は、「Raspberry Pi 1」および「Pi 2」のライバルの小型ボード「BeagleBone Black」に差し込んで使用する。

 99ドルのLightCrafterを取り付けると、640×360解像度の画像を最大30ルーメンの輝度でスクリーンに投写できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1183文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan