開発 開発ツール

ラズパイ競合ボード向けの超小型プロジェクタ--TI「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」

テキサス・インスツルメンツ(TI)の超小型プロジェクタ「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」は、「Raspberry Pi」のライバルボード「BeagleBone Black」に差し込んで使用する。

 プロジェクタがかつてスーツケースに入れられていたほど大型だったことを覚えているだろうか。新たに登場したこの小さなプロジェクタは、ポケットサイズコンピュータの上部にきちんと収まるほどのサイズだ。

 Texas Instrument(TI)の「DLP LightCrafter Display 2000 EVM」は、「Raspberry Pi 1」および「Pi 2」のライバルの小型ボード「BeagleBone Black」に差し込んで使用する。

 99ドルのLightCrafterを取り付けると、640×360解像度の画像を最大30ルーメンの輝度でスクリーンに投写できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1183文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan