帳票管理 文書管理

改めて知っておきたい「電子帳簿保存法」の基礎--領収書を電子化する意味

スマートフォンによる領収書の電子化が容認されるようになり、今後の利用拡大が予想される。電子帳簿保存法の基本的な内容を振り返るととともに、データ保存の要件や保存すべきデータの種類などを解説する。

 スマートフォンによる領収書の電子化が2017年1月から容認されるようになった。特に、スキャナ保存制度は保存要件が厳しかったために導入がなかなか進まなかったが、各種の規制緩和を受けて、今後の利用拡大が予想される。

 ここでは、領収書電子化に対応する上で欠かせない、電子帳簿保存法の基本的な内容を振り返るととともに、データ保存の要件や保存すべきデータの種類、スキャナ保存の課題と企業の対応状況について解説する。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  2. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 今後増加しそうな「名ばかり機械学習 セキュリティ」を見極める3条件--どれが欠けてもダメ
  5. 爆発的な量のデータを活かすには、AIのチカラが不可欠

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan