AI・機械学習

IBMのディープラーニングモデルで高い画像認識率--大規模な実用化に向けて成果

米国時間8月8日、IBM Researchが開発した新しいディープラーニングモデルが画像認識率33.8%の新記録を達成し、この分野で大きく前進した。

 企業におけるディープラーニングシステムの採用が進んでいる。その範囲は、写真や音声認識処理に顧客サービス対応、さらには医療記録からの異常検出など、多岐にわたる。人工知能(AI)モデルは、膨大なデータセットを活用し、パターン認識や予測を繰り返すことで自らを「訓練」する。しかし、その一方で、処理のタイミングは依然として障害になっている。精度の高いディープラーニングモデルを構築しようとすると、数日間、もしくは数週間を要することもある。

 米国時間8月8日、IBM Researchが開発した新しいディープラーニングモデル「Distributed Deep Learning」が画像認識率33.8%の新記録を達成し、この分野で大きく前進した。

 このモデルは、750万という膨大な画像データセットを使用するもので、IBMによると、「64台の『IBM Power System』に計256個のGPUを搭載したディープラーニングフレームワーク「Caffe」を使用し、記録的な通信オーバーヘッドとともに、95%のスケーリング効率を達成した」という。すべてに要した時間はわずか7時間だった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1018文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan