ネットワーク マーケティング

意外と知らない「IPアドレス」活用術(2)サイト訪問者の所属団体を特定する

IPアドレスやドメイン名には、多くのヒントが隠されている。これらの情報を総合的に分析することで、位置情報や団体、回線種別などの情報が得られる。「IPアドレスから企業を特定する」という技術を紹介する。

 「第1回:基本的な仕組みを理解しよう」では、そもそものIPアドレスの役割を振り返った。今回は、ネットワークの分析を通じてIPアドレスから付帯的な情報を引き出すテクノロジと、その活用範囲について紹介していこう。

 前回詳しく説明したとおり、IPアドレスはインターネット資源の管理団体ICANNをトップに、RIR(地域インターネットレジストリ)、LIR(ローカルインターネットレジストリ)、エンドユーザー(ISPや固定IPアドレスを必要する団体など)と階層構造を持った管理体制のもとにある。そして、IPアドレス一つひとつに対し、管理者の情報がいつでも検索できる。さらに、IPアドレスのニックネームである「ドメイン名」にも、IPアドレスの使われ方に関する重大なヒントが隠されている。

 これらの情報を総合的に分析することで、IPアドレスが使用されている位置情報や、IPアドレスを保有している企業団体、回線種別などの情報が得られる。IPアドレスを軸に利用されている環境(=Geolocation)が分かることから「IP Geolocation」と呼ばれるこれらの技術は、ウェブマーケティングの領域に取り入れられ、インターネットの利便性向上や企業の生産性向上に役立てられている。

ドメイン名はヒントの宝庫

 IPアドレスの利用状況を推測する上で、最も役立つ情報はなんだろうか。一見、管理者の詳細な情報が分かるWhois情報を参照したくなるが、そもそもWhoisの情報はネットワーク管理のために公開されており、他の用途に使うことは許されていない。

連載「意外と知らない『IPアドレス』活用術」の記事一覧

残り本文:約2334文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan