OCR 開発支援 アイエスピー

かざしOCRライブラリ:スマホのカメラで文字情報を抽出--アプリにOCR機能を実装

「かざしOCRライブラリ」は、スマートフォンのカメラで紙帳票の文字を認識する。帳票の形式に関係なく、リアルタイムに文字を読み取れる。読み取るべき項目名を音声で読み上げる機能も搭載する。

かざしOCRライブラリのポイント

  • スマートフォンのカメラを利用し、紙の帳票画像から文字を認識
  • リアルタイムに必要情報を解析し、帳票形式に関係なくデータを抽出
  • 読み取るべき項目名を音声で読み上げる機能も搭載

かざしOCRライブラリの製品解説

 アイエスピーの「かざしOCRライブラリ」は、カメラをかざすだけで帳票の文字を認識してテキストデータとして抽出できる光学文字読み取り(OCR)用のライブラリだ。スマートフォンのアプリに組み込むことでOCR機能を容易に実装できる。

編集部おすすめの関連記事

 帳票の形式に関係なく必要な情報を抜き取れるほか、画面上で文字認識した部分を表示して読み取るべき項目名を音声で読み上げることも可能だ。

 例えば、健康診断結果票から身長、体重、BMI、視力、聴力、血液検査各種、心電図といった読み取りたい項目をカメラで追っていけばリアルタイムに文字を抽出できるという。読み取るべき項目を音声で読み上げていき、項目の探し出しが容易となる。

かざしOCRライブラリのまとめ
用途と機能カメラをかざすだけで帳票の文字を抽出するOCRライブラリ
特徴スマートフォンのアプリに組み込むことでOCR機能を容易に実装できる。帳票の形式に関係なく必要な情報を抜き取れる。健康診断結果票向けでは読み取るべき項目名を音声で読み上げる機能も搭載する
導入企業ジェネシスヘルスケア、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  3. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  4. どうなる製造業! 変革期に求められるサブスクリプション対応
  5. [サーバ、ネットワーク、ストレージ]の3Tier構造に少しでも限界を感じたら

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]