文書管理 スカイコム

SkyPDF:閲覧回数や有効期間を制限できるPDF作成編集ソフト--サイズも圧縮

PDF作成編集ソフトの「SkyPDF」は、GPKIやLGPKIなどの公開鍵暗号に対応、閲覧できる期間や回数を設定できる。タブレットでPDF上に直接電子署名することも可能だ。

SkyPDFのポイント

  • PostScriptを経由せずにPDFに変換、ファイルサイズを圧縮
  • PKIやGPKI、LGPKIに対応して閲覧できる期間と回数を設定
  • PDFに直接電子署名することにも対応

SkyPDFの製品解説

 スカイコムの「SkyPDF」は、高速性と高圧縮性、動作の安定性に加え、改ざん防止や暗号化機能による安全性を特徴としたPDF作成編集ソフトウェアだ。スタンダード版はPDFの作成と簡単な編集機能を搭載し、プロフェッショナル版はファイル埋め込みや注釈の付加、電子署名などにも対応する。

編集部おすすめの関連記事

 PostScriptなどの中間ファイルを経由しないため、PDFの高速変換が可能。独自の最適化処理によってファイルサイズを圧縮し、透過処理なども再現できるという。国際標準化機構が管理するPDFの技術仕様「ISO32000-1」に準拠する。

 公開鍵暗号方式(PKI)、政府認証基盤(GPKI)、地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)に対応するほか、閲覧の際に有効な期限と回数の設定をPDFに付与できる。社内外に配布するPDFの二次利用を防止し、機密性を確保して情報漏えいのリスクを低減できる。

 また、液晶サインタブレットを使って、PDFに直筆の電子署名を挿入できる。紙とペンで行っていた業務をデジタル化することが可能だ。

SkyPDF Standard 2016 / SkyPDF Professional 2016のまとめ
用途と機能高速、高圧縮、安全を特徴としたPDF作成編集ソフト
特徴PDFの高速変換が可能。独自の最適化処理によってファイルサイズを圧縮する。閲覧の際に有効な期限と回数の設定をPDFに付与できる。液晶サインタブレットを使って、PDFに直筆の電子署名を挿入可能
税別料金スタンダード版が5000円、プロフェッショナル版が9000円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan