セキュリティ オフィスソフト OS

MS「Microsoft 365」入門--SMB向けにコラボレーション/生産性スイートを低コストで

「Microsoft 365」を使えば、中小規模企業(SMB)でも圧倒的なコストを発生させずに、生産性とセキュリティを兼ね備えたモバイルおよび共同作業環境をデプロイすることができる。ここでは、同スイートについて知っておくべきことを紹介する。

 どのような形態であれ、ビジネスにはこれまでも、そしてこれからもずっと競争が伴う。成功する事業は多くの場合、市場のライバルに対して有利な立場や何らかの優位性を確立することを目指す。それを達成する1つの方法は、より優れた、あるいは少なくとも、低コストのITインフラストラクチャを使用することだ。

 通常は異種のシステムやアプリケーションを少しずつ統合していくが、「Microsoft 365」を利用すれば、企業は完全な生産性スイートを事業全体にデプロイすることができる。「Windows 10」「Office 365」「Enterprise Mobility + Security」パッケージを組み合わせることで、Microsoftは迅速かつ低コストで実装可能なすぐに使える状態(ターンキー)のコラボレーションおよび生産性スイートを提供する。これは、優位に立ちたいと考えている企業がまさに必要とするものである。

 今回のMicrosoft 365入門では、このスイートについて知っておくべきことを紹介する。

概要

  • どんなものなのか:Microsoft 365はWindows 10、Office 365、Enterprise Mobility + Security認証を統合したターンキーソリューションだ。
  • なぜ重要なのか:Microsoft 365を使えば、中小規模企業(SMB)は圧倒的なコストを発生させずに、生産性とセキュリティを兼ね備えたモバイルおよび共同作業環境をデプロイすることができる。これにより、競争で優位に立てる可能性もある。
  • 誰が影響を受けるのか:モバイル端末および分散型ワークフォースと統合されたセキュアな共同作業環境を確立したいと考えている中小規模企業(SMB)は、Microsoft 365が提供する統合型ソリューションの恩恵を受けることができる。
  • いつリリースされたのか:「Microsoft 365 Enterprise」は既に利用可能だ。「Microsoft 365 Business」はパブリックプレビューが開始されている。
  • どうすれば利用できるのか:Microsoft 365 Enterpriseは既に提供が開始されている。利用したい人は、Microsoft Partnerや販売員に連絡するといい。Microsoft 365 Businessのプレビューに参加することもできる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2305文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan