VR・AR

「Google Glass」と産業用ARソフトでミスを低減--メンテナンス分野で示される有用性

航空機用エンジンなどを製造するGE Aviationは先頃、自社整備士の一部に「Google Glass」とスマートレンチを提供してのパイロットプログラムを実施した。

 製造環境において、メンテナンス関連のミスを回避し、効率性を高めることは、コストを節約する重要な手段である。航空機用エンジンなどを製造するGE Aviationは先頃、パイロットプログラムの一環として、自社の整備士に「Google Glass」とスマートレンチを配布することで、その両方を行う方法を発見した。

 GE Aviationは、シンシナティにある同社製造工場の整備士15人が参加するパイロットプログラムについて、Upskill(旧社名はAPX Labs)と提携した。それぞれの整備士には、Upskillの「Skylight」産業用ARプラットフォームを使用する「Google Glass Enterprise Edition」と、Wi-FiをサポートするAtlas Copcoの「Saltus MWR-85 TA」トルクレンチが配布された。

 測定対象となった重要な製造ポイントは、Bナットのメンテナンスだ。Bナットは、航空用エンジンの流体ラインとホースで極めて重要な役割を果たす。Bナットを適切に締めて、トルクを与えれば、頑丈にしっかりと密閉することが可能だ。Bナットが緩すぎる、またはきつすぎる場合、メンテナンスのやり直しやフライトの中止、飛行中のエンジン停止といった悪い結果を招くおそれもある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1680文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan