SNS 人材管理 IDC Japan

チャット、社内SNS、タレマネなどに高い関心--働き方改革のIT利用動向

人事管理とコラボレーションなどのIT利用について、ビジネスチャットと社内SNS、スマートフォン向けビジネスアプリ、タレントマネジメントシステムの導入に高い関心があることが分かった。

 IDC Japanは8月3日、国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向の調査結果を発表した。本調査は、国内企業など629人を対象に、生産性の向上や労働力の確保を目的に各社で進む働き方改革について、「推進者」「取り組みと課題」「関連するIT利用の実態」を調査したもの。

 働き方改革の推進者は、経営者が42.4%と高く、人事部長(24.5%)と経営企画(20.3%)が続いている。IDC Japanでは働き方改革を3つの段階で捉えているが、今回の調査では多くの企業がその初期の「管理の強化」段階にあり、「就業規則や制度の見直し」「勤怠管理の強化」で長時間労働の抑止に取り組んでいることが判明した。

残り本文:約788文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. 【講演資料】今後10年を見据えたネットワークインフラはこうなる!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan