RDBMS NoSQL

CData API Server:データベースからAPIを自動生成するウェブアプリ

「CData API Server」は、RDBやNoSQLのデータソースからOpenAPI仕様のAPIとドキュメントを自動生成する。企業外部に公開するためのパブリックAPI、企業内部で活用するためのプライベートAPIとして利用できる。

CData API Serverのポイント

  • RDBやNoSQLなどのデータソースからAPIとドキュメントを自動生成
  • 外部に公開するパブリック、内部で利用するプライベートで利用可能
  • SalesforceやGoogle AppsなどのSaaSに連携可能

CData API Serverの製品解説

 CData Software Japanの「CData API Server」は、データベースからREST APIを自動生成するAPI開発運用基盤。OpenAPI仕様のAPIとドキュメントを自動生成し、自社サービスを外部公開するためのパブリックAPI、自社アプリケーションと連携するためのプライベートAPIとして利用可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 マウス操作だけで設定できる。Microsoft SQL Server、Oracle Database、MySQL、PostgreSQLなどのリレーショナルデータベース、NoSQL、CSVファイルなどに対応する。管理コンソールからのモニタリング、ログ取得が可能なほか、ユーザー認証、IPアドレス制限、レート制限、SSL暗号化などのセキュリティ機能も搭載する。OData、REST、JSON、SOAP、CSV、TSVなどのデータ形式でエントリポイントを公開可能だ。

 Windows、macOS、Linux、UNIXなどのオンプレミス環境でシステムを構築したり、Microsoft Azure、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform(GCP)などのパブリッククラウドでホスティングしたりできる。

 プラグインアダプタを利用して、SaaSへの接続機能を拡張することも可能だ。Salesforce、Dynamics 365、SharePoint、Google Apps、Boxなど、幅広いサービスに対応している。

CData API Serverのまとめ
用途と機能データベースからREST APIを自動生成するAPI開発運用基盤
特徴OpenAPI仕様のAPIとドキュメントを自動生成。エンドポイントやサーバをマウス操作だけで設定可能。管理コンソールからのモニタリング、ログ取得ができ、、ユーザー認証、IPアドレス制限、レート制限、SSL暗号化などのセキュリティ機能も搭載する。オンプレミスやクラウドでの展開が可能。SaaSとの接続を拡張するプラグインアダプタを提供する
税別価格スタンダード:年間20万円から(無償版あり)

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]