RPA

西濃運輸、RPAでバックオフィス業務を効率化へ--20分の作業を20秒で完了

西濃運輸はRPAを活用して間接業務の効率化を図る。月間約1万1000分のバックオフィス業務に適用する。

 西濃運輸はRPA(Robotic Process Automation)ソフトウェア「BizRobo!」を活用して間接業務の効率化を図る。8月に試験運用を開始し、9月から本格稼働させる予定。RPAテクノロジーズが8月3日に発表した。

 西濃運輸は4月、さまざまな部署の若手管理職らが集まり、30年後将来の会社のあるべき姿を考えるプロジェクトチームを発足させた。今回のRPA導入はそのプロジェクトの一環で、国内の就業人口の減少に対する策として検討されていたもの。

 具体的には、BizRobo!を採用し、本社各部署の業務に適用、ロボットの作成と稼働を月間約1万1000分のバックオフィス業務に対して開始する。事前に営業部門で行われた試験運用では、これまで20分かかっていた集計作業がわずか20秒で完了するなど省力化、効率化を実現したという。

ログインして続きを読んでください。

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅
  2. 仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム
  3. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  4. Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に
  5. 偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]