RPA

西濃運輸、RPAでバックオフィス業務を効率化へ--20分の作業を20秒で完了

西濃運輸はRPAを活用して間接業務の効率化を図る。月間約1万1000分のバックオフィス業務に適用する。

 西濃運輸はRPA(Robotic Process Automation)ソフトウェア「BizRobo!」を活用して間接業務の効率化を図る。8月に試験運用を開始し、9月から本格稼働させる予定。RPAテクノロジーズが8月3日に発表した。

 西濃運輸は4月、さまざまな部署の若手管理職らが集まり、30年後将来の会社のあるべき姿を考えるプロジェクトチームを発足させた。今回のRPA導入はそのプロジェクトの一環で、国内の就業人口の減少に対する策として検討されていたもの。

 具体的には、BizRobo!を採用し、本社各部署の業務に適用、ロボットの作成と稼働を月間約1万1000分のバックオフィス業務に対して開始する。事前に営業部門で行われた試験運用では、これまで20分かかっていた集計作業がわずか20秒で完了するなど省力化、効率化を実現したという。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]