開発 開発ツール

「Raspberry Pi」ベースの産業用デバイス「ModBerry 500 M3」

「Raspberry Pi」が組み込まれた新たな産業用デバイスが登場した。工場の生産ラインからデータセンターにいたるあらゆるモニタリングに使用できることを目的としている。

 「Raspberry Pi 3」が組み込まれた新たな産業用デバイスが登場した。工場の生産ラインからデータセンターにいたるあらゆるモニタリングに使用できることを目的としている。

 この新デバイス「ModBerry 500 M3」は、最新の「Raspberry Pi 3 Model B」のコンピュートモジュール版をベースとしている。

 「Compute Module 3」(CM3)は、Pi 3と同じ1.2GHzのBroadcom製「BCM2837」クアッドコアプロセッサと1Gバイトのメモリを、より小型で薄型のボードに搭載したもので、商用アプライアンスへの組み込みに適した設計になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1388文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. 【講演資料】今後10年を見据えたネットワークインフラはこうなる!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan