セキュリティ オフィスソフト

MSの新サービス「Microsoft 365」--中小企業に安全な共同作業環境を提供

マイクロソフトが7月に発表した「Microsoft 365」プログラムで対応しようとしているのは、事業規模が小さく、充実したIT部門を作るには専門知識が不足しているような企業だ。

 大企業はここ数年、サーバやPC、携帯電話など、さまざまなデバイスを利用して、世界規模で事業を展開してきた。そうしたデバイスのサポートや維持のためだけに、エンジニアやサポート要員を擁する部門が丸ごと1つ設けられた。だが、事業規模が小さすぎる場合や、充実したIT部門を作るには専門知識が不足している場合は、どうすればいいのだろうか?

 Microsoftが7月のパートナー向けカンファレンス「Inspire 2017」で発表した「Microsoft 365」プログラムでカバーしようとしているのは、そうしたニッチ市場だ。「Office 365」「Windows 10」「Enterprise Mobility + Security」を統合して、モバイルデバイスに完璧に対応した安全な共同作業環境を作りたいけれど、必要な資金や手段がなくて自社で実現できない比較的小規模な企業向けに、一括請負契約のソリューションを提供する。

Microsoft 365

 発表によると、Microsoft 365には「Microsoft 365 Business」と「Microsoft 365 Enterprise」の2つのバージョンがある。どちらのバージョンも、3製品すべてが含まれており、「Microsoft Partner Program」のメンバーまたは、そのソリューションの仕組みに詳しいコンサルタントがインストールや管理、サポートを担当する。少なくとも、カンファレンスで説明された計画では、そうなっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1642文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]